腰や首が前のめりになってしまっている

ずっと同じ姿勢でいることが多く

ずっと同じ姿勢でいることが多く、腰や首が前のめりになってしまっているのですが、
これは体のだるさや倦怠感などの原因になっているのでしょうか?
また、これらの体の不良を改善するために日頃心がけるべきことはありますか?

回答

21歳 学生さま

問い合わせ頂きましてありがとうございます。
同じ姿勢でのだるさ・倦怠感については原因の一つとなります。
重力に反した姿勢は瞬間なら問題ありませんが、ある程度の長さの時間で
同じ姿勢を続けると筋肉疲労は当然出ます。

問題はここからです。疲労の元は血液中の疲労物質の増加で筋肉運動・動作で
発生します。乳酸がその代表です。

様々な疲労物質は身体の生命活動において
毒性があるので肝臓を中心に解毒処理が行われます。
肝臓や腎臓が活発に働いてくれると毒素処理にも余裕がありますが、
機能低下や病気が発生していると、毒素処理に余分なエネルギーを費やします。

機能低下を起こす一つの原因で、重要なのが栄養素です。
毒素処理にはビタミン類やミネラル類の補酵素が欠かせなく、不足があると当然
解毒力は低下します。
その他解毒処理を手助けする取り組みもあります。

筋肉運動を伴わずに血行促進すれば
解毒処理は早まりますから疲労感は一時的には解消出来ます。
その取り組みとは温泉やサウナ入浴です。

他にマッサージによる疲労回復もいいでしょう。
その取り組みでもあまり解消できなければ、いよいよ内臓に問題があります。

よって内臓を良い状態に保つしか方法は無く、内臓の機能低下や病気の原因は様々です。
一番の原因は食生活にあると思います。

現代人の不健康の第一原因は食生活の中の糖質の摂りすぎにあると思います。
それと日本中で手に入る食材・加工食品には様々な化学薬品も含みます。
野菜・果物に残る残留農薬も問題でしょう。

その様な体内に侵入する化学薬品・残留農薬を解毒処理するのも肝臓なので、現代人の
肝臓は忙しいのです。
ひと昔前の栄養基準ではもはや間に合わないと思います。

その辺の食に関するアドバイスに入ると本が2~3冊くらい出来るほどなので、
それに関する気になる情報は書店に行って関連文献を探してみて下さい。

以上、ちまたのテレビや健康情報誌などには偏りや情報の欠損で正しくないものが
多いのでお気をつけてください。

                      はるかぜカイロプラクティック