腰痛に悩まされています。

29歳女性 会社員の方からの質問です

腰痛に悩まされています。
何事もない日もあれば、朝から不調な日もあり、
不調な日に出掛ける予定がある時には事前に市販の薬(バファリンやイブAなど)を飲んでおきます。
また、祖母からもらった腰痛ベルトというサポータのようなものを装着しておきます。

整骨院の前を通ると、「腰痛の原因は背骨のゆがみ!」というフレーズが掲げてあります。
実際そうなのでしょうか?
思いきって整骨院に行ってみるべきでしょうか?

昔、1回だけ整骨院に行ったことがありますが、それは腰痛ではなく、
背中の痛みのため受診しました。

思いっきりバキッと背中をそらすような処置をしていただき、
温熱療法のようなものをした記憶があります。

回答

29歳女性 会社員さま

お問い合わせありがとうございます。
問い合わせ内容を確認しました。

時々腰痛が出るようですね。

腰の不調に対しては、市販薬や腰痛ベルトで対応されているとの事で。

そこで整骨院に行ってみるかどうか迷っているようなので、お答えします。

詳しく問診と当方での検査を実施していないので詳しい指摘はできませんが、

大まかな、全体的に多い症例から推測したことでお伝えします。

説明する前に注意点があります。これから説明する事柄では、各種療法の特徴を

述べますが、あくまでも「慢性」の関節痛にだけ限定した説明なので、すべてにおいて

優劣を述べている事ではありません。それぞれの療法に専門分野があり、専門分野内での

活躍は必要な事を理解しております。くれぐれも誤解の無いようにお願いします。

まず、長期間腰痛が発生していることで慢性腰痛は確定です。

急性の腰痛(ぎっくり腰、特に腸腰筋の捻挫など)とちがい、慢性腰痛は原因が複数存在します。

ここで体の仕組みの一つを知っておく必要があります。

慢性の関節痛(肩・ひじ・手首・手指・背中・腰・股関節・ひざ・足首・足の裏・足指等)

には下記の状態が同時に発生しています。

①、骨格筋の過緊張か、ゆるみ(弛緩)による神経痛的痛み。

②、背骨・骨盤の部分的な歪み。

③、内臓のどれかが機能低下もしくは病気。

この3つが同時に発生している場合、慢性化してきます。

慢性腰痛を改善するには、この3つを同時に解消しなければ完治できません。

更に上記の場合、③を優先して改善すると①②は直接施術しなくても解消していきます。

要するに、慢性の関節痛の全般は内臓のトラブルが主原因となります。

女性の場合、婦人科臓器、大腸、肝臓、腎臓のどれかに機能低下が存在するケースが非常に多いです。

どの臓器がトラブルで、解消するには生活習慣かストレス解消か栄養改善かを探り、病的なら医療機関との

連携も考えなくてはいけません。

会社員さんは普段の対処は市販薬と腰痛ベルトで①に対応させていますが、

症状だけを抑えるだけで原因を解消しない対症療法となります。

よって、プロに任せるにしても通院するところによって結果は大きく分かれます。

整骨院の名前が出ましたので申し上げますが、整骨院(接骨院・ほねつぎと同じ)とは柔道整復師がいる整体院の事で、柔道整復師の本来の主目的は背骨以外の関節(指・ひじ・肩・ひざ・足首などの可動の大きな関節)の脱臼の処置や骨折の応急処置が専門です。背骨の歪みや骨盤調整は本来専門ではありません。

しかし、背骨や骨盤調整している整骨院の場合は、その院の先生は独自にカイロプラクティックを習得している

か、別の整体術を習得しています。
その場合、①と②は対処できますが、③を対処できるかはノウハウを持って
いる先生しかできません。

整骨院で、軽くマッサージや背中の圧迫をし、その後低周波電気治療か温熱治療だけで③の説明が全くない場合

の整骨院は①だけ対処しています。
②の背骨の歪みは取れませんし、③はそのまま残ったままです。

 ➡ 結論。 慢性の関節痛を治すには①②③の問題を改善できる事以外、方法はありません。

①②③に対処できる整体関係・医療機関を探すには、ちょっと大変です。

探すこつは、ネットでその院の先生の考え方に①②③のキーワードが含まれ、バランスよく調整してそうか見極めることが重要です。

①(筋肉をゆるめる・筋膜をはがすなど)を優先している院は、慢性の関節痛をお持ちの方は選ばないほうがいいでしょう。
特に30分〇〇〇円・60分〇〇〇円のようなメニューの整体関係は①だ
けの対処とみていいでしょう。

②(カイロプラクティック系)を優先している院は痛みは取れやすいですが、あまり長持ちさせられません。
完治の道は遠いです。
③の考えを併用し、実践していれば別です。

③を優先している院は極めて少ないです。
内臓に関するトラブルですが、医療機関の検査で異常なしの
判定がでても機能低下は存在し、体への悪影響は出続けます。
そこが現代の医療の盲点です。

機能低下の対処できる先生に出会える事が重要です。

以上、是非、総合判断できる医療機関・整体院のノウハウのある先生に出会えるよう期待しております。

当院ではそのようなノウハウを持って対応しております。

それではどうぞお大事に。

関連記事

  1. 首から肩や腰までがガチガチに

  2. 原因がわからない慢性的な腰痛

  3. 腰痛の自宅で可能な良きトレーニング方法